ブログ

暑さが厳しくなる前にエアコンの省エネ方法をご紹介!

こんにちは。

これから夏に向かい気温がグングンと上昇してきます。

夏は暑いのは当たり前のことですが、近年では日本の平均気温が上昇してるので
異常と思えるくらいの暑さを感じるときがあります。

外出しているときは、暑くても仕方ないと思えます。しかし、お家に帰って来てからは
カラッとした快適な空間で過ごしたいですよね。

エアコンをピッと付けたら解決します。
その反面、電気代の支払金額が気になってしまうのも事実。

ということで、これまで培ってきた経験と工務店だからこそお伝えできる、
室内温度を効率的に下げる省エネ対策法を紹介したいと思います。

1、カーテンを閉める

カーテンを閉めると室内温度はより効率的に低下させることが可能です。
理由は、太陽光を遮ることが出来るからです。

室内の温度が上昇する原因として太陽光が挙げられます。
太陽光が室内に入り込むことにより光が当たっている場所が暖かくなるため
カーテンを閉めて太陽光を入れないようにすることで効率的に室内温度を下げることが可能になります。

2、庇(ひさし)を付ける

出典:サンワカンパニー様から引用

昼間からカーテンを閉めるのを嫌う方もいると思います。
外の景色が見えなかったり、お客さんが来ても気づかないなどの理由があるためカーテンは閉めたくない、
という方にお勧めなのが庇(ひさし)です。

太陽光が多く入り込む窓の部分だけでも取り付けると効果的です。
最近ではデザイン庇もあるので、素敵なデザインのモノも沢山あります。

取り付けも簡単で費用も比較的安価なので、
気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

3、窓を交換する

以外と知られていないのが窓です。特に金属のフレームになっている窓は要注意です。
太陽光を浴びた金属フレームが熱を吸収し、かなり熱さになります。

イメージしてもらえると分かりやすいのが真夏の車のバンパーです。
火傷する程まで温度が上昇します。誤って触って火傷した経験がある方もいると思います。

これと似た状況が金属フレームの窓にも起こっています。

特に25年くらい前にお家を建てた・購入したという方は、
金属フレームの窓になっているケースが多いです。

でも、現在の主流になっている樹脂フレームの窓への交換で発熱を抑えることが可能です。
気になる方は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

4.どうしてもお家が温度が下がらない場合

色々なことを試しても室内の温度が下がらない場合は、以下の点が挙げられます。

気密性が悪い

気密性が悪いと室内の空気が隙間から逃げていることになるので、
エアコンを使用しても室内の温度が下がりづらくなります。

エアコンの効きが悪いと思ったら、実はお家の気密性が悪かったというケースは多いです。
冬に暖房を使用しても暖まらない場合も同じなので、思い当たる方はお家の気密性に要注意です。

屋根の断熱

屋根は太陽光を浴びる面積広く、浴びる時間も長いため
発熱量がとても多くなります。

そのため屋根の断熱の方法次第では、熱が室内にまで侵入してしまい
室温の上昇を引き起こします。

施工業者がどのような方法で施工したのかは、実際に中を見てみてみないと
分かりませんが2階や屋根に近い室内部分が妙に暑さを感じる場合は、
屋根の断熱が上手にされていないと推測できます。

太陽光を浴びる面積が広く、浴びる時間も長い場所なだけに
お家に及ぼす影響はとても大きいと言えます。

まとめ

これからの季節は、暑さが厳しくなってきますので
今回お伝えした内容を参考にしてもらえると省エネ効果が期待できると思います。

ぜひ参考にしてみてください。