ブログ

エアコンが不要の部屋も?お家の気密性を高める最大のメリットについて

こんにちわ。

お家の性能の一つに「気密性」があります。

「高気密・高断熱の家」とアピールしている
ハウスメーカーや工務店が沢山あるため知っている方も多いと思います。

しかし、高気密住宅と言われても普段は使わなかったり、意識しない言葉なので
意味が分からない方が多いのも事実です。

また、高気密住宅が私たちにもたらすメリットが何なのかを
知らない方も沢山いると思います。

今回は、そんな「気密性」について、詳しくお伝えして行きたいと思います。

気密性とは

気密性とは、簡単に説明すると密閉具合の事を言います。
この密閉具合をお家に例えると、建物全体の隙間の大きさになります。

高気密住宅と言われている家は、隙間が少ない家で
空気の出入りが少ない空間と言えます。

では、高気密の逆で気密の悪い家は、隙間が多い家となります。

隙間が多いため、空気の出入りが多い空間になります。

ここで、疑問に思うのが空気の出入りが少ない空間は、
酸素が薄くなるから具合が悪くなってしまうのではないか、という疑問です。

それについては、建築基準法で換気基準が定められている為、
具合が悪くなる心配はありません。

高気密住宅のメリット① 消費電力の削減

まず、高気密住宅のメリットとしてあるのが、
お家の消費エネルギーを低く抑えられる点です。

例えば、室内温度の調整が容易になります。

上で説明していますが、高気密住宅は隙間が少ないため、
室内の空気が逃げづらく室外の空気も入りづらい環境になっています。

夏の場合、室内温度を下げようエアコンを点けたときに、
外からの熱い空気があまり入って来ないため、すぐに室内温度が下がります。

逆に、冬は外からの冷たい空気があまり入って来ないため、
すぐに室内温度を上げられるようになります。

室内温度も一定に保たれやすいため
エアコンが頑張って稼働する時間も最小限に抑えることが可能になり、
消費エネルギーが低く抑えられるようになる、という訳です。

高気密住宅のメリット② エアコンの台数を削減できる

高気密住宅は、エアコンの設置台数を削減できます。

室内温度の調整が容易になるので、
最大で各階に一台ずつでも十分な程にエアコンの台数を削減できます。
間取り設計にもよります。)

各部屋に1台と考えている方が多いと思いますが、
それはお家や部屋の温度調整が上手くいかないからなのです。

高気密住宅であれば温度調整が容易になるため、
必然的にエアコンの設置台数が少なく済みます。

金額で言うと、
例えば、4台のエアコンが不要になるとします。

仮にエアコン1台80000円とした場合、
80,000円×4台=320,000円。

更に設置工事費も不要になるため、
400,000円くらいの費用が削減できるようになるのです。

気密性のまとめ

今回は、気密性について紹介していきました。

気密性については、掘り下げればキリがない程の内容になるので、
もっと詳しい内容を知りたい方は、ぜひご相談ください。

また、間取り設計次第では気密性が高くても
快適性が失われてしまう場合があるので注意が必要です。

気密性に焦点を置いてお伝えしてきましたが、
断熱性と一緒に考える必要があるので、
詳しいお話は、またの機会にお伝えしたいと思います。