ブログ

家事の苦痛から解放!家事負担が軽減するママ目線の間取りをご紹介

こんにちわ。

今回は、家事で大変な毎日を過ごしているママさん達へ
家事がよりラクになるお家の間取りについてご紹介したいと思います。

家事動線について

家事動線という言葉はご存じでしょうか?

知っている方もいると思いますが、この言葉をまだ聞いたことがない方もいると思うので
家事動線について簡単に説明していきましょう。

家事動線とは、「家事を行う上で目的地に行くまでの通り道」です。

例えば、リビングからバスルームまでの道のりは、
リビングからバスルームまでの動線となります。

これが家事目的での移動の場合、リビングからバスルームまでの
道のりが家事動線となります。

家事負担が大きい場合、家事動線が長いことが多く、
そのため家中を動き回る距離も長くなっています。

逆に家事負担が小さい場合は、
家事動線が短く、家中を動き回る距離も短くなっています。

では、どのようにしたら家事動線を短くできるのか?

これから家事負担を軽減できる間取りを
実例を混ぜながら詳しく紹介していきましょう。

回遊性を高めて家事をラクに

実際にどのような間取りにした場合、家事の負担が軽減できるのかをお話していきましょう。

キモは「回遊性を高める」ことにあります。
たとえば、このような間取りであれば、左右の両側からリビングへ移動できます。

また、キッチンからパントリー、ウォークインクローゼット、洗面室、ランドリー室への
移動がスムーズに行えるため無駄な動きが少なくなっています。

以前に主流となっていた間取りに比べると、
遠回りすることが無くなっている為、移動距離も格段に少なくなっています。

しかし、紹介している間取り図にはもう一つ工夫を施して
家事負担を軽減させています。

その点について、引き続き紹介していきましょう。

家事室を集中させて家事をラクに

その他の工夫を施している点として、家事室を集中させているところにあります。

例えば、上記の間取り図は、
キッチン、パントリー、ランドリー、ウォークインクローゼットと家事室が集中しています。

このような間取りにすることで、トータル的に家事負担を軽減できるようになります。

その中でも特に洗濯は、とてもラクに完結できるようになっています。

なぜなら、洗濯から収納を行うまでの手間が大幅に少なくなるからです。

ランドリー室で洗濯から乾燥まで一気に行い、ウォークインクローゼットに収納する流れになるので、
これまでの様な手間がほとんど不必要になります。

洗濯乾燥機を設ける必要があり、設備を入れるのにお金が掛かりますが、
今後の負担が少なくなり、ラクになるのであれば決して損はしないと思います。

家事負担が軽減する間取り まとめ

今回は、家事負担が軽減できる間取りを紹介していきました。

私たちが生活していく中で切り離せないのが家事ですが、
家電の技術進歩により、家事が大変という時代は終わりを迎えようとしています。

それに加えて、家の間取りを工夫することで更に加速させることが可能になります。

大変な時間から解放され、自分の時間を有意義に過ごすための一つの方法として、
今回ご紹介した家事負担が軽減する間取りをぜひ参考にしてみてください。