ブログ

設計料は必要?ハウスビルダー別の設計事情と特徴について

戸建ての新築を考えたときに、
自分のこだわりの家を建てたいと思う方は多いと思います。

どのように理想のマイホームを計画していくのかを考えた場合、
多くの時間を設計で悩まれるケースが多いように感じています。

そうなると別な心配も出てきます。
それは設計料です。

実際にお客様とお話をすると、設計料の話題は必ず出ます。

お家を建てようと考えた時点で、ある程度の予算が決まっていると思います。

でも、自身のこだわりを住まいに取り入れようとすると、
どうしても設計料が高くなってしまうのではないかと心配されているのだと思います。

そこで、今回はお家を建てる際の参考として、
ハウスビルダーごとの設計事情と特徴についてお伝えしたいと思います。

ハウスメーカーの場合

基本的には、ハウスメーカーは間取りが企画化されいることが多く、
その中から自分の好みのプランを選択する仕組みをとっています。

変更や追加をしたい場合は、ベースプランを基に変更や追加になることが多く、
要望に合わせて追加料金が発生するという仕組みになっています。

設計料については、基本料金に工事費が含まれていることが多く、
変更した場合でも、追加料金が工事費に含まれています。

考える手間を最小限に

プランが企画化されている分、
お客様が考える負担が軽減されているところが
ハウスメーカーの良いところだと思います。

既にある企画の中から選んでもらう形式になっているため、
仕事や育児で考える時間が無かったり、
考えること自体が苦手という方に、

企画化されているプランから選択する形式はおススメだと思います。

カスタマイズにも対応しているため、
お客様の意見が反映されないということもありません。

追加料金が発生する

ハウスメーカーの場合、要望に応じて追加料金が発生することが多いです。

基本的な設計料自体は上で説明したように、工事費に含まれる形式になっています。
つまりは、設計料自体はありません。(追加がある場合もあります。)

そうなると気になるのが、坪単価になると思います。

ハウスメーカーでお家を建てた場合は、
坪単価にすると70~80万円/坪が平均的な価格になっています。

ただし、要望ごとに随時追加料金が上乗せになるため、
最終的に100万円/坪という単価になっているお家が多いと言われています。

この数字が高いか安いかについては個人差がありますが、
一般的に新築を建てた場合、60~70万円/坪となっています。

要望に対して追加料金が発生する形式になっているため、
この様な価格差が生じていると考えられます。

地元工務店の場合

ハウスメーカーに比べると営業エリアが狭く、
地元密着型なのが地元工務店です。

また、設計の自由度も高く、
お客様が満足できるプランを提案されている工務店が多いように感じます。

設計料は工事費に含まれていることが多く、
別料金を請求されることは、ほとんどないと思います。

金額で見てみると地元工務店で新築の住まいを建てた場合は、
50~80万円/坪が平均的な価格になっていると思います。

ただし、価格のふり幅が極端に大きいのも地元工務店に言えることで、
坪単価が50万円以下のローコスト住宅から坪単価が70万円以上の完全注文住宅まで、
様々な特色を持った工務店があるため選ぶ際に迷う一因となっています。

融通が利く

ハウスメーカーほどの営業力や企画力は低いですが、
地元工務店の良いところは、融通が利くところにあると思います。

設計の自由度が高いのも確かですが、それよりもある程度の要望なら
サービスとして扱ってもらえることが多いです。

たとえば、新築の住まいにテレビ台を設置したい、と依頼をしたとします。

すると、「ついでなので良いですよ。」と返事が返ってくることが多く、
ちょっとした事なら負担なしで行ってくれます。

全ての地元工務店がそうとは限りませんが、
地元に根差して活動している企業ということもあり、
お客様の要望に最大限応えようと努力しています。

工務店ごとに考え方が全然違う

地元工務店を選んだ際に気を付ける点としては、
想像と違ったお家になる可能性があることです。

たとえば、年中快適な環境で住めるお家を思い描いていたが、
実際に建ててみると冬は寒くて夏は暑いお家になっていた、という事例は珍しくありません。

なぜ、この様なことが起こるのかというと、
考え方が工務店ごとに違うからだと思っています。

たとえば、お家を長持ちさせるために通気性が大事と考えている工務店は、
木材が腐らないような構造の家づくりをします。

しかし、通気性が良いということは、外気の影響も受けやすくなります。

断熱性や気密性に富んだ知識がない場合は、
外気の影響をダイレクトに受けるお家が出来上がることになります。

また、これとは逆の考え方を持った工務店も存在しています。

ハウスメーカーや設計事務所にも、会社それぞれの考え方がありますが、
地元工務店はより違いが顕著に出ていると感じています。

考え方次第で出来上がるお家の性能も変わってくるので、
工務店の考え方を把握する必要もあると考えています。

建築設計事務所の場合

この3つの中で最も設計の自由度が高く、
デザイン性の優れた建物が出来るのが建築設計事務所かもしれません。

ただし、設計料が発生します。
割合としては、工事費の10~15%の費用が発生します。

3000万円の住宅を建てる場合は、
300~450万円の設計料が発生する計算になります。

建物の金額にプラスして設計料も加わることになるので、
その分は金額が高くなります。

お客様のいかなる要望も叶える

逆に設計料が発生するということは、
それだけ設計に自信がある裏返しでもあります。

加えて設計を得意としているだけあって、
お客様のいかなる要望にも対応するのが設計事務所です。

外観・インテリア・間取りと豊富な知識と経験から
お客様の思い描いたプランをカタチにしてくれます。

仮に土地の形状が歪(いびつ)だったとしても、
それを感じさせない最適なお家のカタチと快適な性能を実現します。

設計料が発生するものの、お客様の予算以内で
収まるよう様々なアイデアも提案してもらえます。

家が建つまでに多く時間が掛かる

設計事務所の場合、ハウスメーカーや工務店に比べて、
お客様との話し合いの回数がとても多くなります。

これにはちゃんとした理由があり
お客様の頭の中をカタチにすることは容易ではないからです。

そのため何度も何度もお話を聞いてお客様の趣味や趣向を理解した上で、
お家のデザインに反映させるため、とても時間を要します。

旦那様の要望、奥様の要望をまとめたり
家族の未来を想像して設計を進めていきます。

お客様の満足いく住まいを提供する上で必要な時間だと思いますが、
仕事や家事で忙しい方には面倒に思われるかもしれません。

まとめ

ハウスメーカー、地元工務店、建築設計事務所ごとの
設計と特徴についてお伝えしてきました。

建築設計事務所は別途設計料が発生しますが、
ハウスメーカーと地元工務店は工事費に含まれる形式になっています。

それぞれに特徴があるので、自分の気になるところに話を聞いて、
気に入った会社に決めてもらえると良いと思います。

私は、ネットの評価や口コミも大事ですが、一番は自分との相性だと思っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。