ブログ

なぜ木造住宅なの?選ばれる理由をメリット・デメリットに分けて紹介。

木造住宅の特徴として、最初に上げられるのが、
デザインを自由に選びやすいことです。

木材は硬い自然素材なので住宅の構造をしっかり設計すれば
自由に家を建てることが出来ます。

注文住宅のメリットとなる自分好みのデザインにこだわり、
理想の家を建てたい方にピッタリです。

住まいのイメージとして、
木で造られた木造住宅を想像すると思います。

住まいと言えば木造住宅、というイメージが定着していますが、
どうして木造の住まいにするのかを知らない方が多いと思います。

そんな住宅として定着している木造住宅の
メリット・デメリットについてお伝えして行こうと思います。

木造住宅のメリット

自由なデザイン性

木造住宅の特徴として、最初に上げられるのが、
デザインを自由に選びやすいことです。

木材は硬い自然素材なので住宅の構造をしっかり設計すれば
自由に家を建てることが出来ます。

注文住宅のメリットとなる自分好みのデザインにこだわり、
理想の家を建てたい方にピッタリです。

日本の季節に合った素材

日本は四季があり、夏は高温多湿で冬は低温小湿な地域です。

木材は、加工された後も呼吸します。夏は湿気を吸って膨らみ、
冬は湿気を吐いてしぼむ、を繰り返しています。

これにより、木造住宅は日本の季節において快適に過ごしやすい
住まいを実現しやすい素材となっています。

材料費が安い

他の材料との比較になりますが、S造(鉄骨)、RC造(鉄筋コンクリート)
と比べると材料は安くなります。

しかし、どの材料にもメリットデメリットがあるので、
一概に良し悪しは言えません。

後で、木材のデメリットについてもお伝えしますのでお見逃しなく。

建築費用が安い

木造住宅は、建築費用が安く済みます。

その理由は、材料が持つ厚みや内臓の下地材で
耐火性を強化する造りのため、処理に手間が掛かりません。

また、加工が容易なことから、現場で使う加工道具なども
比較的に手頃な価格で揃えることができるのも建築費用が安くできる理由となっています。

基礎工事が安い

木造の基礎工事は、S造やRC造と比べると安くなります。

基礎工事が安い順にすると、
木造→軽量鉄骨造→重量鉄骨造→RC造の順になります。

より詳しく説明すると、木造と軽量鉄骨は、ほぼ基礎工事の価格が
同じくらいになります。

そして、重量鉄骨造・RC造と順を追って高くなります。

木造住宅のデメリット

火災に弱い

木造住宅は、火災に弱いです。
その為、一度火が付くと燃え広がりやすいのが木材のデメリットです。

耐火性を高めるために、下地材などに耐火素材を使用し耐火施工を行っていますが、
S造やRC造に比べるととても燃えやすいです。

しかし、S造やRC造は燃えません。
その為、火災に強いつくりと言えますが違う面で注意が必要です。

特にS造は火災が起きた場合、
家財道具は延焼しますが建物本体は残ります。

燃え残った鉄骨は炎の熱で劣化を起こしており、
当初と比べると、強度がだいぶ落ちてしまいます。

RC造でも、温度によってはコンクリートの劣化を引き起こすので注意が必要です。

500℃程度であれば大丈夫ですが、
1000℃を越えるような熱に長時間晒されら場合は、
コンクリートの劣化や鉄筋の劣化を起こし強度が弱くなります。

燃えにくい材料でも、熱を受ければ何かしらの影響は受けるので
S造やRC造だからと言って安心はできません。

耐久性が劣る

木造はS造やRC造に比べ、やや耐久性が劣ります。

その為、長く住み続けるためには定期的なメンテナンスが必要となります。
たとえば、新築から1年ほどすると、室内の隅部分に隙間が出てきます。

これは施工不良ではありません。

木材が新築当初に比べると乾燥したことにより、
少し痩せてしまうことで隙間が出て来てしまいます。

高気密・高断熱住宅であれば、もっと早い段階でこの現象が起きます。

施工業者に連絡をするとアフターメンテナンスとして無償対応してもらえますが、
早い段階で1回目のメンテナンスが必要となります。

それ以外にも、地震が起こる度に何かしらの不具合が出てくる可能性が高く、
木造住宅がその他の構造物と比べて耐久性が劣っていることが伺えます。

まとめ

今回は木造住宅のメリット・デメリットを紹介しました。

価格的な面で見た場合は、木造住宅が圧倒的に安く
耐久性の面で見た場合は、S造やRC造が優れています。

しかし、日本の気候に合わせた材料が木材というのが、
木造住宅が選ばれる大きな理由になると考えられます。