ブログ

土地価格にも影響する方角の重要性。

こんにちは。

新築一戸建てを計画する際、最初に土地探しから始める方が多いかと思います。

土地を探す上で立地場所や周辺環境も大事ですが、
実は方角も重要なポイントになってきます。

当然、土地の価格にも影響してきます。

そこで、今回は土地の価格に影響してくる方角について
ご紹介して行きたいと思います。

南向きの土地

南向きのメリット

まず最初に、南向きの土地を選んだ際のメリットを紹介します。

南向きの土地は日当たりが良い点が一番のメリットとして挙げられます。
既に造成が完了している場合は、土地に対して南側に道路が来ています。

太陽は、東から昇り西へ沈んで行くため、南を向いたリビングや庭は一日を通して
安定した日照時間を得られます。

特に冬は、リビングが太陽の熱で暖まりやすいため、
とても過ごしやすい環境になります。

南向きのデメリット

次に南向きのデメリットですが、リビングが道路側を向く場合が多く、
通行人の視線が気になってしまうことが挙げられます。

通行人はこちらを意識していなくても、
リビングに居る方からすると視線を感じてしまいます。

また、南向きの土地は人気がある為、
北向きの土地と比較すると価格が高くなってしまいます。

北向きの土地

北向きのメリット

北向きの土地を選んだ際のメリットとして、プライバシーを守りやすい点が挙げられます。

道路から見るとリビング・庭・バルコニーなどが建物の裏手になり、
人目に付かなくなるからです。

また、南向きの土地と比較した場合、安価に購入できるので、
その分だけ建物や外構に費用を回すことが可能になります。

北向きのデメリット

次に北向きのデメリットですが、1階南側の日当たりが悪いという点が挙げられます。

北向きの土地は、建物が南側に建っている場合が多く、
太陽光が建物に遮られてしまいます。

その為、庭の日照時間も短くなり乾燥が不十分になることで、
ジメジメとした環境になりやすくなってしまいます。

大事なのはデメリットの解消

これまで南向きと北向きの両方のデメリットを紹介してきましたが、
ちょっとした工夫で解消することも可能です。

参考までにご紹介すると、
南向きで通行人の視線が気になる場合の対処法として、
窓の位置や高さに配慮し、目隠しのルーバーを設置する。

逆に、北向きので1階の日当たりが悪い場合は、
吹き抜けを設置することで室内に日差しを上手に取り入れることが可能になります。

まとめ

今回は土地が向いている方角のメリットとデメリットについてご紹介してきました。

南向きの土地が人気があり、価格も高くなっているため
向いている方角によって優劣があると感じてしまいますが、
両方にメリットとデメリットがあります。

それより一番大事なのは、それぞれのメリット・デメリットを
しっかり理解することだと思っています。

金額が高いから良い土地、安いから悪い土地、ということはありませんので
自分たちに合った土地を購入しお家を建てて頂ければと思います。